Anderson

水芭蕉揺れる畦道 肩并べ梦を纺いだ
流れゆく时に 笹舟を浮かべ
焼け落ちた夏の恋呗 忘れじの人は泡沫
空は夕暮れ

途方に暮れたまま 降り止まぬ雨の中
贵方を待っていた 人影のない駅で

夏の终わり 夏の终わりには
ただ贵方に会いたくなるの
いつかと同じ风吹き抜けるから

追忆は人の心の 伤口に深く染み入り
霞立つ野辺に 夏草は茂り
あれからどれだけの时が
徒に过ぎただろうか
せせらぎのように

谁かが言いかけた 言叶寄せ集めても
谁もが忘れゆく 夏の日は帰らない

夏の祈り 夏の祈りは
妙なる蛍火の调べ
风が揺らした 风铃の响き

夏の终わり 夏の终わりには
ただ贵方に会いたくなるの
いつかと同じ风吹き抜けるから
夏の终わり 夏の终わりには
ただ贵方に会いたくなるの
いつかと同じ风吹き抜けるから

森山直太朗的<夏の终わり>作为夏季甲子园的应援曲,浓郁的和风,空灵的男声,第一次听到整个人就被融化了,说不清道不明的感觉,是喜悦也是伤感。虽然出生于盛夏,确总有夏末情节,是对于生命历经汗水灌溉而终得收获的喜悦,还是草木由荣转枯的伤感,恐怕自己也搞不清楚,只是每年的这个时候总是特别容易感动,感叹逝去的光,还有再也回不来的人和事。。。

评论